終活

受けた企業に対する個人的な感想(あくまで個人的な感想)

①総合商社

住友商事…社員が知的で社風としても穏やか。出世競争も少ないため、いい意味で社員がゆったりしていて、悪い意味では三菱や物産に今後業績で勝つことはおそらくない。出世に興味がないがネームバリューは欲しい人にはかなりおすすめ。関西で社員交流イベントも多いし京大生はここが一番合うと思う。

 

三井物産…頭のいい体育会系、文句なしのエリート。エネルギーへの依存が大きすぎて現在は業績が振るわない。個人の力の結集企業で、トップダウンの三菱と対照的にボトムアップな社風らしい。二次のGDをキャンセルしたが、おそらくそもそも通らない。自分でOB訪問する必要あり。

 

・丸紅…財務状態は悪い、五大の中では劣る気がする。電力が強い。社員は一風変わった人が多い。イベントが少ないので自分でOB訪問をする必要あり。

 

伊藤忠…エネルギーへの依存が少ないため今年三菱を抜いてトップ、面接もかなり強気だった。体育会系、ストレス耐性、何かをもっていると感じさせないと多分通らない。噂によると数回東京のイベントに参加するとリクルーターがつく。

 

双日…五大に比べて規模が小さく人材を集めるのに必死な感じ。社風はかなり緩くてかなり働きやすいと思う。ただ待遇がやはり落ちる。京大生イベントに参加して半分くらいはリクルーターがつくので素直にイベントに参加していたら早く内定がもらえる。

 

メガバンク

三菱東京UFJ(BTMU)…超優良、文句なしのエリート。面接の回数多い。日本のメガバンクで世界に通用するのは個人的にここかな、と。リクルーターなし。友達いわく入社後研修もしっかりしているらしい。

 

SMBC…とりあえず京大生は普通にしてたら内定もらえる。エントリー後イベント二回参加でリクルーターがつく。そのあとはSMBC興味あるオーラ出しとけばよい。ノルマはきついらしく先輩社員が入社後「しにたい」とツイートする光景が散見されている。

 

・みずほ…イベント参加回数が内定にかなり直結する、そのシステムが気に食わなくてすぐに志望群から落とした。企業の選考状況を面接で聞かれて、次の面接日程を他企業に合わせてくる悪徳さがあるようだ。

 

③信託

三菱UFJ信託…超優良、休みもしっかり。リク面忘れてその後連絡が止まった。おすすめ。

SMTB…ノルマがきつい。SMFGと独立しているため当然か。リク面が何度もあるが素直に住友商事と迷っているというと途中で連絡が来なくなった。友達が5月末に内々定をもらってたからリク面で第一志望っていっとくべきだった。

 

④損保

東京海上日動…ホワイト、高年収、おすすめ。正直他の損保と格が違う。受けるならここだけでいいと思う。

 

⑤その他

・ベネッセ…女性が多くそのため育休などの福利厚生もしっかり、日系の良いところが凝縮されたような優良企業。ES→GD→面接→面接で終わりっぽい。ちなみに今年は三次面接で落ちた。

 

三井不動産…仕事きついけどやりがいはありそう。デベロッパーはここか三菱地所を受けたらいいと思う。

 

企業の選考状況を聞かれたとき素直に住友商事と迷っていると言い過ぎた。全部第一志望って言って内定蹴る強さ(あるいはそれくらいのしたたかさ)をもつか、外資コンサルなど内定が早い企業から一つもらっておき、解禁後は5つほど行きたい企業のみ受けるべきだったと後悔している。

 

 

広告を非表示にする